2016年02月28日

今シーズンの下仁田葱終了

こんにちは
毎日寒い日が続きますが、1月の大雪の頃の寒さは感じなくなってまいりましたね。本日、畑の隅の陽だまりスポットに菜の花?が群生していたのにびっくりしたところであります。
さてさて、昨年から続いた伝統農法の下仁田葱の収穫ですが、お陰様をもちまして今シーズンを終了を迎えることになりました。

思い返せば収穫当初、暖冬の影響で畑の一部でサビが出たり、中々味が乗らず飲食店様には出荷を待っていただいたことから始まったのでした。味に自信を持ってから出すと言うのはこちらのわがままにも近いことなのですが全ての皆さまが快く承諾してくださいました。そこにはさすがプロの料理人だなと感じたところでした。

今年は本格的にマルシェにも出店させていただきました。
DSC_0858.JPG
(主催者の後ろ姿 商品のディスプレイ中 いつもありがとうございます)
多くのお客様との新たな出会いがありました。会話の中で「へ~知らなかった!下仁田葱ってこんなに奥深かったんだ」とか「先月買って食べたらすごく美味しかったからまた買いに来た」とかお褒めのお言葉を頂戴し更に気合が入ったことでありました。


出会いと言えば、シーズンの締めにとてもうれしいことがありました
DSC_1166.JPG
昨日のことなのですが、東京スカイツリーお久元の「割烹峰屋」様に行って参りました。
大将の高澤様とはある縁で知り合い、そこからお取引をさせていただいているのですが、一度生産現場を見てみたいとのことで昨年の真夏の炎天下の植え替え時に、利き酒師の女将さんとお子さんと遥々お越しくださった時から親交が深まりました。
DSC_0250.JPG
その時「今度、店を貸切にし下仁田葱好きの常連さんに来ていただいて葱の会をやってみたいね!」と盛り上がったのですが、それが今回早速に実現したのです。
DSC_1162.JPG

DSC_1162[3].jpg
(大将の下仁田葱フルコースに女将さんが選んだ銘酒、そして下仁田葱)
DSC_1180[1].JPGDSC_1171.JPG
(葱のステーキ)

私のつたない話でしたが熱心に聞いて下さった気さくな常連さん

出会い 直接お客様と接することが数少ない職業 百姓。そんな中でたいへん嬉しい時を過ごし今シーズンを締めくくることができました。

来シーズンもこの出会いを力に変えて伝統を守ってまいります

IMG_5266.JPG


posted by ねぎ坊主 at 20:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。