2016年11月10日

来年の芽が出てきまいた

こんにちは
しばらく更新をサボってしまっている間に、季節も秋を通り過ぎ収穫目前になってしまいました(*_*;

すっかり寒くなってきましたが植え替えた葱はこんなに成長しました

DSC_0132.JPG

DSC_0127.JPG


葱は乾燥には強いのですが雨に弱いので、記録的な秋の長雨で、一時はどうなってしまうかと心配でした。
こんな気候の時は酸欠で成長不良になりやすいのですが、うちの葱は何とか持ちこたえました(^O^)
この酸欠の成長不良を「葱が酔う」とこの辺では?言うのですが、葱が酔わずに済んだのは…?
幾回も畝間の草むしりと中耕をしておいたからなのかなと💡除草剤使ってないので
草畑ですが(;^ω^)

さて、先日採種、播種した来年用の下仁田葱
DSC_05672-2.jpg
自家採種

DSC_0134.JPG
昨年の葱から選ったものを手押しの播種機で播き
発芽まではビニールを被覆しておき

DSC_0136-2.jpg
1週間ほどで発芽(^O^)無事に芽が出て一安心です

ところで、この葱の収穫は来年

DSC_0132.JPG
これは今年収穫
ここから採る種は再来年収穫用ということになります

1年1サイクルでは生産出来ない伝統野菜は奥が深いのです

………………………………………………………………………………………………………






posted by ねぎ坊主 at 06:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

2016 下仁田葱植え替え 開始

お久しぶりでございます。
こちら下仁田町馬山地区では、真夏の風物詩「下仁田葱の植え替え」が いよいよ始まりました。
ご存知の方にはしつこいようで申し訳ありませんが、この馬山地区では、下仁田葱の伝統農法として夏の植え替えをします。*他の産地で取り組んでおられる農家もあります。

この時期になると この 葱をひっこ抜いて
DSC_0277.JPG
広く植え直す
DSC_0177.JPG 
光景を目にすることが出来ます。

このひと手間を加えることには諸説ありますが、一説に「真夏に葱にストレスを加える→葱が身を守るため糖分を出す→うまくなる」と言ったものがあります。

この真夏の過酷な植え替えですが、近年、高齢化や省力化で馬山地区でも植え替えが出来ない(植替えをしない)農家もあります。*春に畝間(葱と葱の列の間)が広く(70~75㎝程度に)植えてある畑は植え替えなしの葱です。
ちなみに、「下仁田町認定下仁田葱」の会の会員は、会の決まりで自身の下仁田葱全てを植え替えすることになっております。(一部でも植え替えをやらないと除名)
このような産地・ブランドを守る地道な取り組みがあることも多くの方に知っていただきたいところであります。

さて、毎年この過酷な労働ですが、体験してみたいと多くのゲストがお越しになります。
本年のトップバッターは葉画家の群馬直美さんです。
DSC_0175.JPG
原寸大の葉っぱをありのままに本物以上に描く群馬さん。今回、ねぎ坊主から収穫期の下仁田葱の一生を描写し本にしたいとのことで、ある方からのご紹介で知り合いました。本年2月から毎月下仁田にお越しになっているのですが、やはり植替えをしないと描けないとのことで、暑い中、下仁田葱カラーのコーディネートで体験されました。
先の話ですが、本が出来るのが楽しみです。

植え替えはしばらく続きます。この伝統農法を体験されたい方、お待ちしております。連絡ください。なお、暑い中ですので体験は原則午前中のみ、体調は自己責任でお願いします。












posted by ねぎ坊主 at 19:06| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

下仁田葱仮植始まりました

こんにちは
群馬の西毛(せいもう)地区の中山間地では先日、恒例の遅霜がありました。毎回悪さをするんだ この寒気

さて、今年の下仁田葱苗の生育は順調でしたが、暖かくなってきてから苗床の一部(いや、ところどころ いやいや結構な箇所⤵)で病気が発生してしまいました。(無残過ぎてとてもお見せ出来ません)勉強不足です
そのため、お譲りするほどの苗の確保が難しく、話をいただいている分を除きHPでの葱苗の販売も中止とさせていただきました。楽しみにされていた方、申し訳ありません。

そんな状況ですが、いよいよ下仁田葱の仮植(仮植え)が始まりました。
苗の生育とはあまり関係ないのですが、今年は秘密兵器!新たに(やり方変えてみました)
DSC_0073.JPG
葱ロケット投入!!
DSC_0071.JPG
穴をあけて
DSC_0076.JPG
差す

昨年までは
DCIM2304.JPG
管理機でさくを切り
DCIM2303.JPG
並べ管理機で土を掛け
DCIM2306.JPG
立てる
でした。

葱ロケットによる葱植えは、苗が曲がりにくいと言われております。どちらが早いか、葱にとって良いかは先に行ってみないとわかりませんが、個人的には燃料を使わないだけエコで良いのかなと思ってます(^O^)




posted by ねぎ坊主 at 20:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする